カヤネズミ原っぱ

こもれび

カヤネズミ原っぱとは、志木市役所近くの「いろは親水公園」ヨシ・オギ群落保全地のことです。埼玉県準絶滅危惧種のカヤネズミが生息していることがわかったので、こう呼んでいます。
ヨシやオギは、かつては茅葺屋根やよしずなどの貴重な生活材として大切に保全・管理・利用されていました。
そこはカヤネズミやサクラソウ(さいたま市桜区・田島ヶ原サクラソウ自生地は国の天然記念物)など独自の草花や生き物がすむ場所でもありました。
かつては志木市宗岡地区にも広がっていたヨシ・オギ原っぱ。いま急速に減りつつあるこのような自然豊かな水辺風景。みんなで大事にしていきましょう!
カヤネズミ原っぱでは、NPO法人エコシティ志木により定期的な保全作業と、楽しいイベントをおこなっています。
       (毛利将範)